« Birthday Card* | トップページ | Pages of My Book----chapter / 06 --- LOVE »

2011年3月23日 (水)

地震...その後...

3月11日。
(記憶に残すための日記)

朝起きると..スクールバスに乗るくぅを送って...
車の中にいないと行けない時間。wobbly
shock思いっきり寝坊した-----!!!!

どう焦っても無理なので、
学校に連絡して自主登校することに。rvcardash
その前にみぃを保育所に送って...
と、朝からバタバタと過ごしてた。

くぅの学校までは車で30分くらい。
久しぶりに学校に行って
少しだけ学校生活ぶりを見学。
連絡帳に書いてあったような楽しそうな様子が
生で見られた。

この日は確定申告をするために仕事を休みにしてた。
こんなチャンスもめったにないから...と
西松屋に寄ってみぃの洋服をガッツリ買い込んできた。
春の服を買いに行ったはずが...もう夏物?みたいな
薄い生地や半袖なんかを大量買い。

思った以上に時間をかけてしまったので
慌てて家に戻って自転車に乗り換えて
今度は税務署に向かってダッシュbicycledash
確定申告...思った以上に難解。
でもなんとか無事に済ませる事ができた。

時間もあるし、買い物でもしようか...と、
いつもは仕事...の駅ビルにお客さんとして来店。
何件かまわって...
マスキングテープでも買おうかと
4階のお店にいたときに...グラグラと地震が...
14時46分。

2日前の9日にも仕事中地震があったので、
「やだ〜また〜?」なんて思っていたら
突然揺れが大きくなって...ぶら下がってる電飾は
ものすごい振り幅でゆれるし、悲鳴も聞こえる...
「他に用事がなければビルを出た方がいいです!」と
店員さんに言われ、外に行くまでが怖いと思ったけど
ダッシュでエスカレーターを駆け下りた!!!

3階から外に出られる駅ビル。
外に飛び出す。
ガラスのドアをベビーカーを押した人が通ろうとしてた。
その人が出られるように開けて...
でもその後は自分が外に出ることに必死になって
...他の人のためにドアを開けておけば良かったと
後で思い返す。

上から何か落ちてこないか...
デッキがこのまま道路に落ちないかとかなり心配だった。
今いた駅ビルを見ると、尋常じゃない揺れ方をしてた。
いつもここの6階で働いてるかと思うと...sweat01ヒヤッとした。

揺れがいつまでも止まらない。長過ぎる。
手すりにつかまっているのに怖い...
気がつくとデッキの上には、ビルからだけじゃなく
駅からも人が出てきているようだった。
ふと「映画のエキストラみたい」なんて思った。
でもこれは現実...
ものすごいたくさんの人の中で
「ひとりだ...私...」
圧倒的な孤独を感じた。

こんなに大きな地震は生まれてから今までで
初めての経験でした。
くぅはどこにいるんだろう?みぃは無事かな?
パパは大丈夫かな...
とにかく電話してみようと携帯を手に取るけど
つながらない。

このまま私だけが生き残ってたらどうしよう...
そんなことを考えてしまうくらいの大きな地震。

揺れがおさまった。
とにかくバラバラになってる家族を集めなきゃ!
と思って、自転車をとりに市役所へ。
駅を通り抜けようと思ってビックリ!
駅は閉鎖されて、天井から大量の水が流れ出てた。
スプリンクラーの故障だったのかもしれない。
...駅員さんたちが駆け回ってました。

それから市役所への道はあまり記憶がなく...
もうすぐ市役所...という所の階段の下で、
またかなりの大きな揺れ...
後で聞いたら震源地が違うところの揺れだったそう。

揺れが収まるまで座ってたけど、
とにかく早く家族の顔が見たいと思って階段を上ると、
市役所の前には大勢の人たちが。
市役所は古い建物なので
みんなが外に避難していたらしい。
そんな中、自転車に乗って出ようとすると、
市役所の人が
「自転車通ります!道をあけてください...」と
大声で誘導してくれた。

まずはみぃを迎えに保育所へ。
私が行くと、子供達がござの下に固まってた。
テーブルにはおやつが。
おやつを食べようと思ってた時に余震があったんだ...。

...でも隣の隣のクラス(1歳児さん)食べてたけど...
なんて思いつつ、みぃの元気な顔を見てホッとした。
おやつを前に帰るのはかわいそうなので、
食べ終わるまでおつきあい。

同じ頃お迎えが来たお友達は、
お母さんの顔を見た途端「怖かった〜〜〜」と泣き出した。
みぃなんて全く気にしてない感じ...
なんか地震がなんだかわかってないみたいだった。

守ってくれた先生方、どうもありがとうございました。

家に帰ると...誰もいない!!!!!
病後で自宅待機しているはずのパパはどこ?!!!

ひとまず...家の中を確認。

Dscf1352

こんなんだったり...

Dscf1347

こんなことにはなってたけど、お皿等は無事。
テレビもパソコンも無事!!!
(テレビはパパが抑えてくれてたそう。助かった!)

そんな中、みぃは「見て〜!車あったよ〜!」と、
棚の上の方に飾ってあったおもちゃを見つけて
楽しそうにしてたなぁ。
ママは...片付け大変...と途方に暮れたよ...。

暫く経つと不通のはずの電話が...
くぅを預かってくれているデイサービスさんからだった。
「余震が続いているのでお迎えに来られますか?」と。
パパもだけど、車もないので
戻って来たら行きますと告げてパパを待つ。

20分くらいしたら戻って来たので、
みんなでくぅを迎えに行った。
道はやっぱり混んでた。
数台割り込みする車がいて、
パパが激怒!
通さないようにでっぱったりするけど、
こんな時にみぃになにかあったらと思うと
(パパに)無性に腹が立って、
「ムカつくのは勝手だけど、今日はヤメてよ!」
...退院してから特に怒りっぽくなった。
運転がものすごく荒く感じる...。
自分も運転をするようになったから余計感じる。

くぅはおとなしくして待っててくれたよう。
お家に帰ってとにかく情報を!
とテレビをつけたら...tv
地震ではなく、津波の映像が映ってた。
あまりのすごさに声が出ない。
私がすごいと思っていた地震は
東北でもっと大変な事になってた。

最初に見た映像から
夜になればなるほどどんどん凄い状況に。
場所も一カ所ではなく、かなりの広範囲だ。
北海道から千葉まで東側全体で被害があった。
死者や行方不明者が増え続けてる。
時間が経つにつれて変わって行く状況が知りたくて
テレビが消せなかった。

余震はあり得ないほど続いた。
また大きな揺れがくるんじゃないか...
ライフラインは大丈夫なのか...
心配で眠れるかな...とかいろんな事を考えた。

一夜明け...一瞬普通に起き、
ハッと思ってテレビをつける。
東北地方の映像が...ものすごいことになってた。
家が固まってる。その上に船が乗ってる。
ビルの上に車が乗ってる。
数キロに渡って...街も港も壊滅してた。
田畑や飛行場、野球場も住宅地も学校も
そして海も...
全部がれきの山になってた。

-----
今はあれから11日ほど経った。

計画停電や被災地への支援なども
いろいろ始まってはいるけれど、
地震や津波だけじゃなく
福島の原発事故などのこともあって
本当にいろいろ大変で...

自分自身が大きな地震を体験したことで
気持ちがより強く動いてる。
「なにかしたい!」と。

でも今は被災地だけじゃなく、
日本中が同じ気持ちでがんばってる。
世界の各国も!

テレビでも「被災してない私たちが
がんばらないといけない!」と言ってた。
日本中みんなが下を向いちゃダメだと。
私たちがまず元気で前向きに、
普通の生活をする事で経済も潤い、
そして支援することが大切だと思った。

ずっと忙しく、作品を作ってなかったけど、
なにかしたい...の気持ちからなのか
ふとなにか手を動かしたいと思った。
気がつくと...地震で不安な気持ちになってるのは
.....私もだったのかもしれない。

没頭できたから作ってる間は集中できたし落ち着けた。
合間に子供達が代わる代わる
「なにか食べたい〜!」とお菓子持ってくるのが
ちょっと困った。(休み中食べてばっかり!)

作品を作っていたら欲が出て来て、
久しぶりに手をかけて作ってみたいと思った。
それで、以前いろんな人のブログで読んだ
薄い和紙ラベルで自家製マスキングテープ
をやってみようと思って...パソコンに向かい...
明日はお弁当作るから早く寝ないと...と思いつつ
結局作って...作品にも貼ってみた。

Dscf1710_2

マステに比べると粘着力が強すぎて扱いづらい。
噂通りだわ...sweat02
100%の色合いにしてしまうと濃すぎる。
次回は少し薄めにしてみよう。

不安だったことを少し忘れられた。
集中できることってあった方がいいんだね。
精神安定になってくれると思うから...

-----
あとはなんといっても子供達の無邪気さ。
こんな時に?とも思うけど、
こんな時だからこそ救われる。

アイスを食べてるみぃを見て...気づいた。
「あれ?みぃって..井上和香っぽくない?」

Dscf1707_2

くちびるがいつも以上にセクシーで!w
親ばかまるだしだけど、
こんな感じで楽しませてくれる...ありがたい。

さてと...
明日もまた給食がストップしてしまった
保育所へお弁当を持っていかないと。
早起きしてご飯炊くぞ---!
仕事も覚える事が多いけどがんばってるぞ!

-----
そして今日もまた余震が数回あった。
さっきも揺れてた...やっぱり怖いな...sweat02


|

« Birthday Card* | トップページ | Pages of My Book----chapter / 06 --- LOVE »

コメント

御家族の皆さんもご無事で良かったです!
お片づけも大変だったと思います。
芸予地震の時、食器や家具が落ちてきて
散乱しまくってたのを思い出しました。
余震もあるようだし、水や停電・食品問題と、
頭が痛くなることが続いていますが、
少しずつ良い方向に向かうよう祈っております。

投稿: SUN | 2011年3月24日 (木) 06時28分

penSUNさん
うちは全く被害なしだったので、
状況的には遠くの方と同じ様な感じです。
余震はまだ続いていますが...

本当に一日でも早くみんなが幸せに暮らせる様にと思います。weep
がんばりましょう!

投稿: Cocon | 2011年3月25日 (金) 00時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Birthday Card* | トップページ | Pages of My Book----chapter / 06 --- LOVE »