« 忙しいのに… | トップページ | 謹賀新年 »

2007年12月31日 (月)

2007年、残り6時間ぐらい

あ〜!大晦日だ〜!
あっという間に1年が過ぎちゃった。
他の年に比べて、めっちゃ早かった気がするぅ。

昨日は母、祖母、姉が来て
みぃやくぅと遊んでいってくれました。

今日はみんなでおそ〜くまで寝ていて、
だらだらと過ごしつつ、年賀状の残りの住所を書いて…
3時過ぎに買い物がてら出しに行ってきました。

そしたらお知り合いのママさんに会って、
ちょっとしたショックな話を聞いちゃった。

今度、くぅは養護学校
(今は特別支援学校というのですが…)に入学するのですが、
養護学校のバスは観光バス並みに大きいんです。
そこに小学部、中学部の9学年+高校生数人?が乗り込むので
そりゃしょうがないよね…。

なので狭い場所とか交通量の多い場所にはなかなか停まれず…
バス停が数カ所にかぎられてる…。

で、以前はうちに結構近いところに停まってたと思ったんだけど
今の場所はバスで行かないと行けないくらい遠いところに変わっちゃって、
なんでだろうと思っていたら…なんと…
近隣の住民の方が、障害のある子がいやだからバス停にするな…と
クレームを言ってきたらしいんだそう…。
年も迫った大晦日に…かなりブルーな気持ちになっちゃいました。

やっぱりまだ世間的には冷たいのね…。
親的には大変で、努力して必至で生活している人もいる中で、
普通に生活されている人には理解されない部分もあったりして…。
一生懸命やってることが報われない…って感じ?
せめて普通に生活できてるんだから、こういうことには協力的に
して欲しいなぁ…って思うのは都合が良すぎるんだろうか…。

なんかここ最近、普通ってなんだろう…ってけっこう考えちゃいます。

普通に生まれて育つことが普通なのかな?
障害があって生まれてくることがそんなに異常なのかな…。
本当は普通に生まれてくること自体がものすご〜くありがたいことで、
障害があったり、病気があったりすることの方が
普通なんじゃないのかなぁ…って。
もちろん、障害も病気もなく生まれてきて欲しいって誰もが思うことだし、
私ももちろんそう願って出産したけれど、
普通に生まれてきてくれてありがとう!!って
生まれた瞬間にすご〜く思うのはみんなも一緒だと思うんだけど…。
そのありがたいなぁ〜って気持ちがどんどん薄れていっちゃうんだろうね。
特におばさんになったくらいじゃあ忘れてるよね。
きっと障害児がそばに来て大声で騒いだら本当に嫌なんだろうなぁ…。

でもそんな理由でバス停が変えられちゃったんだとしたら…
って考えると…やっぱりどこかで悲しさがこみ上げて来ちゃうんだよね…。
温かい目で見守ってくれる世の中になる日がくるといいなぁ。
一番辛いのは何も知らない子供達が変な目で見ること。
これをその子達の親がどう説明してくれるかで、
世の中が変わってくると思うんだけど、
なかなか上手く説明できないんだろうなぁ。
なんせ障害に対する知識がどこからも伝わってこないだろうしね…。

おっと、大晦日にこんな話…すみません。
思わず愚痴っちゃいました。


話しはバビューンと変わりますが…
最近、みぃが笑うようになりました。

Dscf9565
癒されるぅ〜。…ん?朝青龍に似てるって?失礼ねっ!w

兄キのくぅは…というと、
今日、買い物に出かけるよ…と用意を始めたら、
なにやら抱っこヒモなんか持ってきてくれて…

Dscf9558
と思ったら、自分に装着!
なんとみぃを抱っこしようとしてました…でも危険っ!(爆)
無理だから〜っっっ!

くぅがこんな一面をみせてくれるようになるなんて、
ちょっと感動しちゃいました。
今までお友達や赤ちゃんとかに興味を持ったような事がなかったし
くぅにこんな感情が生まれてくるとか想像もしてなかった。
あらためてみぃを生んでよかったなぁとか思ってみたりして。

まぁ気持ちは優しいんだけど、
抱っこしようとするときはかなり強引です。(^◇^ ;)

いろんなことがあった2007年も残り数時間。
今年はパパがお寺のお手伝いを免除になって
5年ぶりに一緒に過ごせるかも〜。
親子4人でお正月迎えちゃいます。

それではみなんさん今年1年どうもありがとうございました。
良いお年を〜!

|

« 忙しいのに… | トップページ | 謹賀新年 »

コメント

御無沙汰してます。
みぃちゃん大きくなったね♪
あともう少しで今年も終わりですが、
良いお年をお過ごしください☆

バス停のお話、私も涙が出そう・・・。
身内に自閉症がいるので、こんな話聞かされると
もういてもたってもいられない気分です。
確かに理解はなかなかされないよね・・・。
それが悔しくももどかしくもあり・・・。
だけど、こうやってブログとかで、くぅちゃんの話読んでると、
普通の子供とあんまり変わらないよ~ってよく思うのよね。
実際、coconさんのブログを知って半年くらいの間、
くぅちゃんにそんな障害があるなんて分からなかったし。←鈍感過ぎ?(^^;)
そんな風に私が思っていたのは、
coconさんがくぅちゃんのことを、普通の親と変わらない愛情で見ているからなんだよね。
障害を持つ子供を持っていない私が言っても
薄っぺらい言葉しか出ないけど、
coconさんが、くぅちゃんの日常をこうやって綴るだけでも、
周囲の人にとっては、障害を持っている人や障害者を持つ家族に対しての、理解への辿り道になると思う。
思いやりの無い人もいるし、
悪気が無くても鈍感な事をする人もいると思うから、
この先も傷つくこともたくさんあると思うけど、
そんな事があっても、どうかこのブログだけは、
くぅちゃんの記事を止めることだけは思いとどまって欲しいです。
分からないぶん、偏見もより強くなるものだから・・・。
ごめんなさい、まとまりもなく思いのまま書いてしまったので読みづらいね(^^;)
coconちゃんも、coconちゃんの御家族も
みんな温かくて素敵だよ!
家族の絆が深いので、とても羨ましいよ~♪
来年はもっと素敵な一年になりますように☆

投稿: SUN | 2007年12月31日 (月) 20時17分

以前、アンジェリカでお会いしました、うさぎママです。
思わずコメントしちゃいました!
バス停のお話は、ショックです。
それに、ひどいです。
そのクレームの方、どんななんでしょう?
自分は普通・・・と思っているんでしょうが、異常です。

知識がないということなのかもしれません。
その点では、残念ながら私も同じですけど。
クレームが来たときに、もちろん学校の関係者の方とか、きちんと説明されたんですよね。
それを聞き入れてくれない人だったのかしら・・・

小さい頃から、いろいろな人と接して大きくなることが必要なんじゃないかな・・・と思います。
うちの子の保育園には、障害のあるお子さんもいますが、子供達は、日ごろから接しているので、一つの個性として自然に受け入れていると思います。

黒柳徹子さんが、『徹子の部屋』で学校で、障害のある子のことも、先生が『皆、同じだよ』とだけ言ってらしたという話をしてました。
障害があろうとなかろうと、皆同じ、困っている人や遅れている子がいたら、助け合う。
そういう教育を小さい時から、一人一人が受けれいればいいのに・・と、思います。

来年は、もっともっと優しい世の中になるといいですね。
私も、もっと優しい人になるようにしますね。
では、良いお年を!

投稿: うさぎママ | 2007年12月31日 (月) 21時21分

SUNさん>
コメントどうもありがとうね…
読んでて泣けてきました…。
障害に全く関係ない人も
少しばかり知り合いが…って人も
もちろん障害児を抱えてる人も
障害について少しでも考えてくれると
当事者としては
(都合の良い考えだとは思うけども)
とってもありがたいなぁと思うんですよ〜。
いろんな人がいるから
なんともいえないんですけどね…。
嫌だなあって思ってる人にとっては、
どんなこと言っても嫌なのは変わらないかな?
それはしょうがないと思いつつ
やっぱり切ないね〜。
でもSUNさんみたいに考えてくれる人がいると
うれしいな〜。
今年はくぅも小学生、
いろんな事があると思うけど、
世間の偏見に負けないようにがんばります!

今年もよろしくね!

投稿: cocon | 2008年1月 2日 (水) 02時27分

うさママさん>
クレームが来たとき
学校側からその方に
説明があったのかどうかは謎ですが
多分そういうのはないかも〜。

バス停を決めるのもいろいろあるらしく、
近隣住民がダメって言えばダメなんだと思います。
まぁこの場所はこれだけが原因ではなくて
見通しがあまり良くないカーブの手前だとか、
坂道にさしかかる前だとか、
近くの駐車場に保護者の車の停車のOKが
でなかったとか、いろいろみたいです。

私も以前住んでいたトコの下の階のおばちゃんに、
くぅが夜中に騒いでしまって
言っても聞かない子なので…と
障害の説明をしたんだけど、
「障害なんて関係ないでしょ!」
「騒いで迷惑をかけてるんだから!」
「なんでもかんでも障害のせいにするな!」
と、おしかりを受けたことがあります。
全くそのとおりだと思いました。
悲しかったけど、
迷惑をかけてることには変わりないし…
大目に見てもらおうとする方が
都合良すぎるんだと思いました。
でも怖くて引っ越ししちゃいましたが…。

障害があってもなくても
「みんな同じだよ」…っていうなら
迷惑をかけたら謝る…も一緒ですよね。
きっとバスの停留所でも
なにかトラブルがあったのかもしれませんし。
でも何もなくて障害児が嫌だからだったら
やっぱりひどい話しだなぁ…。
真相がわからないだけに、
私も勝手に怒って愚痴って…駄目な奴!
もっと冷静にならなければ〜ですね!
年末年始にすみませんっ!
でもうさママさんの言葉うれしかった〜。

2008年、優しい人がいっぱい増えますように!
それから今年もよろしくお願いします(*^▽^*)

投稿: cocon | 2008年1月 2日 (水) 02時40分

はじめまして。
SB関係から飛んできました。
くう君のこと、私の実家と重なってしまいました。
私の弟が知的障害者でぱっと見た目は
わからなくて母もまわりの理解がなくて
いろいろ言われていたようです。
でも母は私達のまえでは笑っていました。
兄弟としていろいろあったけどでも
母の明るさに救われてきた気がします。
初めてなのに長文すみません。
どうか、coconさんちに今年もいっぱいの
幸せが訪れますように。

投稿: ゆきのじょう | 2008年1月12日 (土) 20時46分

ゆきのじょうさん>
はじめまして。こんばんは。(*^▽^*)
見に来てくれてうれしいです!
コメントもありがとうございました〜。

家族に知的障害者がいるということは
いろんな意味でいろいろ考えちゃいますよね。
自分の家族内だけならいいんだけど、
生活していく上で
どうしても世間と接しないといけないし、
そしたらいろいろ言われるだろうし、
迷惑もかけるだろうし、
お世話にもなるだろうし…。
私は母親の立場なので全然へっちゃらだけど、
ゆきのじょうさんや、生まれたばかりのみぃにとって
障害を持ったきょうだいがどういう感じなのか
それが想像つかないんです…。
今でもみぃを生んだことを
みぃに対して申し訳なかったのかな…?
って考え込んじゃうし…。
仲の良いきょうだいに育って欲しいな…と、
そればかり考えています。
でも将来のこと考えると怖くなるので
今はできることを精一杯やるつもりです。
あ、長々とすみません(^◇^ ;) 。
SBの作品はこちらのblogには
アルバムに入れることしかやってないので、
気が向いたら見てみて下さいね〜。
たまにLOが増えてるかもしれません。w

投稿: cocon | 2008年1月13日 (日) 01時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 忙しいのに… | トップページ | 謹賀新年 »